探偵が演出する恋愛の調査

恋愛がうまく行かずに追い詰められた心情で「探偵に相談をするご相談者」は後を絶たない。このような恋愛がらみの相談は「何を目的に調査を実施するか?」によってご依頼人が納得する調査になるか?が大きく異なってゆく。恋愛相手に変化を求めて調査を実施しても多くの場合は「調査費用の無駄」になる場合が殆どである。それならば「恋愛相手のデメリットに発展しそうな情報を得る」調査を実施することにより「恋愛相手の信用を得る」事が望ましいと探偵目線からは見える。

恋愛相手が御依頼者を信用し信頼関係が芽生える事によって「得られる関係が発展」することが望ましい恋愛へのステップと考えるからである。

ここから先は探偵が手出しする次元のお話しでは無く「個々の想い」が大きく関わるお話しになる。どれだけ恋愛感情を相手に対して表現し想いを伝えるか?にかかる。

時に探偵は「恋愛のお手伝い」を実施できる場合がある。

例えるならば「想い人の日常行動を調査で把握し情報として依頼人に伝える」調査を行う。結果として自然な出会いを演出するお手伝いなどが期待できるのである。考え方を変えると「ストーカーと紙一重では?」との不安を覚える方も存在するようだが、恋愛感情が芽生えることは相手を知りたいと考える行為そのものなので「ストーカーと同一とくくってしまう」ならば恋愛を全否定する行為と断言できるのである。ここでそのような愚問を問いただす時間は無駄であると考える一言で答えは出ないのである。

もし、恋愛感情が行きすぎているならば「探偵は必ずアドバイスや助言をお伝えする」ことだろう。現在、探偵業法に沿った業務を実施している探偵業者ならば間違いなく「お金の問題以前に違法性の有無」が依頼を調査する時点で優位性が高い関心事項なのである。

この優先順位を逸している探偵との調査契約は危険であり事件性・違法性が高い調査であっても調査の報酬に目が眩み実施してしまう探偵は「探偵失格!」なのだと認識していただきたい。現在、違法性が問われる調査は幾つか存在している。信販や借金の調査・携帯電話番号の調査・公簿情報の取得による調査などが一般的には違法調査との認識が極めて高い状況である。もし、摘発されたならば「探偵は廃業を余儀なくされる」のである。

違法調査イコール廃業と法律で決まっている。

恋愛の熱に犯され「我を見失い探偵に調査依頼する」行為は極めて危険と言え、探偵が報酬に目が眩んでしまったならば「違法行為」に走る危険性があるため自粛した調査を実施される事が望ましいだろう。